(旅館・宿・温泉宿・温泉旅館・ホテル)
《リノベーション、リフォーム》
《リニューアル、改修、改装》
の建物デザイン設計を得意とする
《長野県》の建築設計事務所です

 旅館設計専門
アトリエ15

 ご相談無料 午前9時~午後5時まで

 0265-98-6775 メールお問合せ

(お問合せの前にお読み下さい) 

旅館リノベーション設計専門
一級建築士事務所

長野県ら全国各地にお伺いします!


旅館改修工事に対するお悩み・不安・心配事はありませんか?の画像


旅館施設に対する
『お悩み・不安・心配事』
 など、ありませんか?

旅館改修の専門家が『お悩み・不安・心配事』“解消・解決”します

旅館も『事業再構築補助金』の対象です!
初めての旅館リフォームを『親切にサポート』
旅館改修『お悩み・困った・Q&A』総合メニューのページへ
旅館『第一印象・雰囲気』改善アドバイス業務のページへ
旅館『第一印象・雰囲気』改善アドバイス業務のページへ

withコロナ
『それでも泊まりたい!』
旅館とは?



++++++++++++++++++++++++

withコロナのこれからの時代

『それでも泊まりたい!』

旅館とは?

++++++++++++++++++++++++

withコロナの時代


?マーク


withコロナのこれからの時代

どんな旅館にお客様は

『それでも泊まりたい!』

と思うのでしょうか?

宿泊客イメージ


矢印

それは

『他人に会わない旅館』


つまり、他人に会わず

『貸切で宿泊している様な感じになるプライベート旅館』です。

プライベート旅館イメージ

では、

『貸切で宿泊している様な感じになるプライベート旅館』

になるためにはどのような

旅館にすれば良いのでしょうか?




矢印
 
次の様な旅館にすることが理想です。

①客室数が少ない旅館

②客室で温泉(お風呂)に入れる旅館

③個室食事処がある旅館

④貸切風呂(家族風呂)がある旅館

⑤客室にベッドルームがある旅館


プライベート旅館イメージ

01

客室数の少ない旅館

客室の数が少なければ

他人に会うこと
が少なく安心です。

稼働の少ない、売りにくい客室を
併せて魅力ある客室にすれば

  ・旅館の『質』の向上
  ・『客層』の向上
  ・『宿泊単価』のUPにつながり

『売り易い』客室になります。

プライベート旅館イメージ

02

客室で温泉(お風呂)に入れる旅館

客室にお風呂があれば他人に会う
こともなく『安心して』温泉
(お風呂)を満喫できます。

   ・『客室』の質の向上
   ・『宿泊単価』のUP
   ・『リピート客』増加

プライベート旅館イメージ

03

個室食事処がある旅館

お客様にとっても、旅館にとっても

食事処は『大切な場所』になります

他人と同じ空間で食事をしないよう

配慮された個室食事処で

『安心して』食事を楽しんで

 頂くことが今の時代では

 最大の『おもてなしに』なります。

?マーク

食事を部屋出しにしてはどうですか?

 →他人が部屋に入るため嫌がられます。
 →張り付くため人件費が掛かります。

プライベート旅館イメージ

04

貸切風呂(家族風呂)がある旅館

大浴場を貸切風呂のように使えれば

それが一番理想で安心できます。

貸切風呂(家族風呂)は

プライベート空間のため

コロナに関係なく喜ばれます。

プライベート旅館イメージ

05

客室にベッドルームがある旅館

?マーク

ベッドルームにするメリットは? 

  ・他人が部屋に入らない。   

   ・布団敷きの手間が無い。

?マーク

従来の布団を敷いて寝るのは?

 →他人が部屋に入るため嫌がられます。
 →布団敷きの手間が掛かります。

プライベート旅館イメージ

矢印

withコロナのこれからの時代

『それでも泊まりたい!』旅館とは

『他人に会わない旅館』

矢印

つまり

他人に会わず

『貸切で宿泊している様な感じになるプライベート旅館』です。

宿泊客イメージ

『プライベート感の高い旅館』は

いつの時代でも人々から愛され

必要とされています。

世情に流されません。

コロナの影響により

世の中は以前の世の中と

変わってしまいました。

時代のニーズに柔軟に

対応できる旅館は

生き残り

出遅れた旅館は無くなります。

矢印

今まさに

『新しい旅館に変わる転換期』

ではないでしょうか?

プライベート旅館イメージ










 同じ建築士、設計士でも
 【建物の用途】によって、
  “得て不得手”があります。

 旅館の既存改修リフォームは、

 『オーナー様の要望』

 『限られた予算の中で検討』

 『既存建物の構造による制限』

 『複雑な建物の条件』

 『建築基準法、消防法、旅館業法
  など各種法的な条件』を


 “クリアにして
  いかなければなりません。

 そのため、

 旅館ホテルの 改修リフォームを

 【専門にした】

 【数多く経験のある】

  建築士、設計士の方が、

   仕事はスムーズです。



 『餅は餅屋』ということわざがあるように、『旅館設計は旅館設計専門』の方が、物分かりが早く、仕事がスムーズです。



まずは、お気軽にお問合せください!



通常「初回プラン作成」

有料』ですが

今の世情を配慮し期間限定】

『無料』でご提案しております

対応できる件数に

限りがありますので

ご了承ください

矢印


お問合せはこちらから

お問合せの前にお読み下さい



旅館も『事業再構築補助金』の対象です!

コロナ終息後の旅館『再スタート』に向けて

コロナ禍の中で今しか出来ない改修工事

なぜ?旅館改修するのが今が一番得なのか?

旅館雰囲気改善アドバイス業務やってます!